消費者金融と銀行には違いがある

消費者金融と銀行との違いとは?

お金に困った時に頼りたいのが、カードローンやキャッシングです。でも利用するには、消費者金融と銀行のどちらを選ぶのが良いのでしょうか?提供しているローン方法や金利など、今では大きな差が無いと言われています。しかし、細かい部分で比べられる点はあります。利用したい方法や目的など自分に合った利用先を選ぶためにも違いを知ることは助けになります。どんな点があるのでしょうか?

手続きのスピードの違い

利用申し込みから借り入れまでの流れに大きな違いはあまりありません。しかし、注目できるのは、手続きの”スピード”です。消費者金融は銀行よりも圧倒的にこの早さの点で便利です。特に利用が可能かどうかの審査の段階では大きな差が出てきます。よく「即日審査」と宣伝されていますが、実際にスムーズに手続きが進むと30分という短さで借りることが出来る会社が多いのです。急いでいる人には大変便利です。

利息の計算式の違い

銀行と消費者金融とでは採用されている利息の計算方法に違いがあるのはご存知でしょうか?銀行では「元加方式」と言われる、元金と利息の返済額が毎月変わる方式です。それに対し、消費者金融では「リボルビング払い」という方式です。借入時の元金に利息が発生し、合わせて毎月の返済となります。方式の違いで月々の返済額も変わってきます。どちらの方式が自分に合っているか、シミュレーションしてみると良いでしょう。