すそわきがの意味と特徴について

わきがという症状を知っている方は多いですが、すそわきがという言葉を知らない方は結構います。すそわきがの意味は、陰部のわきがということになります。
わきがとは脇の下のアポクリン汗腺から出る汗と皮膚の細菌が混ざり、独特の臭いを発生させることです。アポクリン汗腺が多いほどわきがになる確率が高く、この量は持って生まれる体質なのです。つまり赤ちゃん時代からわきが体質は決まっているということが言えます。そしてこのアポクリン汗腺は赤ちゃんや幼少期では発生することがありません。思春期に入り、ホルモンの分泌が活発化することで、アポクリン汗の分泌も活発化するのです。そして、このアポクリン汗腺は陰部にも多くあるものです。それをすそわきがといい、陰部からの不快な臭いを発生させることを意味します。すそわきがでありながらも、陰部は下着や服に常に覆われていることや、自分自身の鼻からも離れた場所にあるので、すそわきがという存在を知らないで過ごしている方も多いです。すそわきがは、アポクリン汗の分泌のみならず、蒸れた臭いや、性器の臭いなどが合わさってわきがとは少し違った臭いがすることが多いものです。下着に黄ばみがつくのも特徴としてあります。脇の下のわきがは有名ですが、下からのわきがという意味ですそわきがというものがあることは有名ではありません。すそわきがを根本的に改善するには手術などが有効ですが、普段の生活の中での意識的なケアで臭いを抑えることはできます。まずは清潔を保つことです。シャワーで汗や汚れは洗い流す、汗をかいたらふき取る、専用の消臭効果のあるクリームなどで臭いの発生を抑えるなどがあります。
日本人はこういった臭いを不快に思う方が多くいますが、海外ではこの臭いにフェロモンを感じ、魅力を高めるという意味もあります。
すそわきがクリーム人気ランキング│今アツイ!わきが対策とは?はこちら