おまとめローンで勘違いされやすいポイントは?

おまとめローンは上手く活用すれば非常にメリットの多い商品ですが、この商品を利用したからといって借金問題が解決できるわけではありません。メリットばかりが強調されていて、おまとめローンが契約できればすべての問題が解決できると考えている人も多いので、勘違いしないためにもこの商品の特徴をしっかりと押さえておきましょう。
おまとめローンは複数の借金を一本化することを目的としている商品です。その狙いは金利の差額分のメリットを享受することにあります。金利というものは小口融資には高く、高額融資には低くなるのが基本です。したがって小口融資をまとめて高額融資を受けるようにすれば、適用される金利が低くなり、そのぶんだけ借金の総支払額が減少する可能性があるのです。決して元本が減少するわけではありません。あくまでも金利の支払額を少なくするのが目的です。
またおまとめローンを利用すれば金利が低くなるので、それだけ月々の支払額も抑えることができます。これにより借金の返済が楽になるのもこの商品のメリットです。ただおまとめローンの利用により、借金の支払期間が大幅に延長してしまっている場合はデメリットも大きくなります。支払い期間が長くなれば、それだけ金利の支払額も増えるので、せっかく適用された低い金利のメリットも低下してしまい、かえって総支払額が増えることにもなりかねません。月々の支払額が減ったからといって、借金が少なくなったと勘違いするのは禁物です。